10年間の朝礼を振り返る 2

仕事の仕方にはいろいろなレベルがある。
それは勉強の仕方も同じ。

『言われなくても進んでやる仕事をいくつか持ちましょう』

朝礼の一節。
言われたことを言われたとおりにする。大事なこと。それが出来た上でどうするか。そこで差がつく。

言われたとおりに実行することが精一杯ならそれはそれでOK。しかし、それがもし8割の力で出来るのなら、残り2割でその他必要と思うことをする。そこに仕事、勉強の楽しさが生まれる。

観察力が源にある。
よく見ている人は、よく気付く人になれる。
よく気付ける人はよく愛される人になれる。
よく愛される人は、よく仕事を頼まれる人になれる。
そうやって自分の可能性、役割を広げていき、欠かせない人間に育っていく。

そしてもう一節。

『決まりになくても必要と思えばやりましょう』

決まりにないことだが必要だと自分ではなんとなく思っている。で、それをやるか、やらないか。例えばテスト直しが宿題だとして、直して終わりか、まちがえた漢字を5回ずつ書いてみるとか、なぜ間違えたかを書き留めておくとか。似た問題をテキストから探して解いてみるとか。
成績の良い人ほど、どうしたら成績が上がるかをよく考えている、そして実行している。成績が良くない人ほど近道ばかり、楽な道ばかり探している。

本来何かを身につけ自分のものにしようと思うなら、あえて遠回りするくらいの気持ちが必要である。
仕事にしろ勉強にしろ薄っぺらいやり方得たものはすぐにはがれて何も積み重ねることはできない。
池上さんも言っている。
「すぐに役立つ知識はすぐに役立たなくなる」

最後にもうひとつ。
仕事も勉強も上司の顔色、先生の顔色ばかりうかがっていては発展していかない。ルールや上下関係にとらわれず、自分の中から生まれたことを自分の責任においてする、それを“自由”という。自由は自分の中に理由があるということだと僕は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年間の朝礼を振り返る

大学を卒業し、塾業界に就職した。
その会社勤めの10年間、毎日朝礼で読み上げた。

その中の一節。

『終わりを鮮明にする努力が根気を作ります』

若いころはいまいち意味がピンとこなかった。

終わりを鮮明にって何だろう?
根気を作る?

でも、徐々に自分なりに意味が分かってきたと思う。

「終わりを鮮明に」
だいたいこのへんで良いだろう。8割できていれば合格じゃね。ではいけない。やるべきこと、やると決めたことはきっちり最後までやりきる。甘えは禁物。

「根気を作る」
根気のある人ない人という言い方をしてはいけない。根気はつくっていくもの。やるべきことを、だいたいこんなもんかではなく、始めから終わりまできっちりやりきることで、その経験が自分の中で自信となり根気が生まれていく。達成感→自信→根気とつながり、その根気は勉強なり運動なりの能力を積み上げていくうえで不可欠なエンジンとなる。


『終わりを鮮明にする努力が根気を作ります』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塾で自習

「家だと集中できないから」

塾に自習に来る生徒は皆そう言う。

まあそうだわなぁ、くらいに聞いていたけどこれってよく考えたらスゴイことかも。

そこには、
①弱い自分に打ち勝とうという自分がいる
 家だとだらけてしまう、でもだらけてられない、やんなきゃ!って気持ちがあり、それが弱い自分に勝っている。スゴイじゃん!
②集中して勉強できる塾がある
 四畳半スクールは正直そんなに緊張感のある塾ではないと思っているが、いざ自習するとなるときっちり集中できる環境ってなかなかイイんじゃない!
授業の前に早めに来て自習する生徒、授業後残って自習していく生徒、授業がないのに来て自習する生徒、色々いる。家が近い子、車で片道30分の子、色々いる。

みんなエライな。

程よい緊張感は、程よいリラックスの中にある、

僕はそう信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業秘密

子ども達
みんな人知れず、いろいろなものを抱えている


親子の問題
先生との問題
友達との問題
成績の問題
進路の問題
恋愛の問題
身体の問題


問題だらけかもしれない



そして四畳半スクールは子ども達とどう接するか

んー、これは、

企業秘密ですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き届く

「行き届く」とは、
広範囲にわたることではなく
小さなことを確実に積み上げることだと
今わかった
1534655652353_2
目の前の小さな汚れをきれいにすること
やるべきことを後回しにせず今やること

それが「行き届く」ということなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界 知識 経験

中学生

これからどんな道を通るだろう
これからどんな事を知るだろう
そのとき何かを感じて衝動が生まれるには、知識というベースがいる
それは、
語彙力や、いろんな国の歴史や地理や、論理的に考える力や、雨が降る理由や、してそれまでの経験など

人生を動かすのは誰かではない
人生を動かすのは自分の中の衝動だ
それは、蓄積された経験と知識という火薬が、点火されることだ

シラナケレバシラナイママ
人生は通りすぎていく
山もない谷もない川も海もない
同じ景色でも人によって見え方は違う

世界は自分がつくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座面修復

ずっと気になっていたこと。
むかーし、白い座面を染めてみたくて茶色にしたが、それがまた色落ちしてきて汚くなっていた。それをどうにかしたいような、まあそのままでいいような、でもちょっと気になるような。

それを今、修復した。

座面を外し、布を打ち付け、元に戻す。

やってみればたいしたことではなかった。
1531890385227



やってみればたいしたことではないことは、結構あると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもは自然

『子どもは自然』

何年か前に読んだ本にあったこの言葉が

ずっと頭の端に引っ掛かっている

凄い言葉だなと思った

子どもが自然とはどういうことなのか

何となくはわかる

それを自分の言葉で解釈できないものか

自然とは、

たとえば森

大人の都合で伐採しすぎてはならない

たとえば花

その笑顔はすべての大人を癒す

たとえば川

ひとたび氾濫すれば大人でも手に負えない

大人は人類ということ 

子どもは人工物ではない

実は子どもとは、

大人から独立した存在であるということ
大人の手の及ばない所にいるということ

ここが肝心なのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パス

面倒なことは避けて
何を決断するわけでもなく
とりあえずの安全策
困ればいつも人に任せて
自分で責任を負おうとしない

そんな横パスやバックパスばかり

それではゴールに近づけない
それでは勝負が始まらない
それではちっとも面白くない


知恵と勇気に満ちた
渾身の縦パスを入れろ



20180614oht1i50020l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習2018

0001
夏期講習受付中です!
四畳半スクールはどんな塾か?
大体みんなこう言います 。

「たのしい」

なんか楽しいらしいです。
なんでかよくわかりません。
でも楽しいらしいです。
昔からずっとそういわれます。
そんな特別なことしてないと思うんだけど。
なんでなんだろう?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題

中学生の頃か、高校生か

子どものころは理不尽なことが多かった


納得できないこと、わからないこと、イヤなこと

やりたいけどできないこと、自己表現できないこと

悔しかったこと、手が届かずもどかしいこと


その一つ一つの棘は今でも胸に刺さっている

その時覆いかぶさった鉄板の重さは今でも覚えている


その子どもの心は、今も


その心は反骨の心を生む

その心は自分に対する正直さの証となる


忘れてはいけない、無くしてはいけない

子どもの敵は大人でいい

自分が年を取ったって、自分の中の少年の敵はあの頃の大人だ

大人に負けるな

大人を倒せ

俺の中の少年が叫ぶ



日大アメフト問題をみてそう思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れない花はない

一年位前から思っていたこと



人間は年齢を重ねるほど悪くなっていく

はちょっと言い過ぎかもしれないが

年齢を重ねるほど悪くなるきっかけが多い

くらいは言ってもいいと思う

子どもほど純粋、正直、素直

年を重ねるほど嘘を覚え、言い訳を覚え、悪知恵がつく

とは限らないがそうなってしまうきっかけが多くなる

僕は子どもが好きだ

だから是非、カッコ悪い大人になってほしくない

かっこいい大人になってほしい


きちんと意識しなければ時間とともにどんどん悪くなるんじゃないの

人間も社会も

まあそれが自然の摂理なのかもしれない


枯れない花はない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな時間

子ども達が皆一斉にテストをしている。

心地よい緊張感に包まれている。
3時間とか4時間とか、なかなか家ではできない。
頑張っている子が周りにいるから自分も頑張れる。

教師は黙って見守る。


この状況、塾教師をしていて好きな時間のひとつだ。


“見守る”というのは、教師の大事な役割だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わからない気持ち

パズドラがわからない。どう動かしたらどうなるか、全然わからない。
荒野行動がわからない。何をすればいいかもわからない。そもそもちゃんと歩けない。

勉強がわからない子の気持ちを痛感する。

もっと丁寧に、もっとやさしく、教えてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクールの看板⑤

新年度。色々なものが新しくなる。新鮮。
この春設置した看板は...

中学校の前に 「赤い塾にゃん」byニャンびろう
Kimg2135a
近所のコンビニの前に 「信号越えて一本目右でちゅ」byのんベイビろう
A

近くのT字路に 「右折できます」(ここはマジメに)
1522042910579a
道案内用立て看板 「四畳半の“赤”」
Kimg2138a

塾舎壁面看板 「出来上がり」夜もカッコよく
Kimg2143a

まあちょっと舐めた看板もあるけど、そのくらいでちょうどいいでしょ。
四畳半的には。

さあ、中3受験対策、始まっています。
楽しくて成績の上がる塾を目指して!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入学式 祝辞

4月。入学式の季節。
以前にPTA会長を務めさせていただいた際、祝辞を読んだ。
小6から中1になるってどういうことだろう。自分なりに一生懸命考えた。
ここに残しておこう。

 皆さん、入学おめでとうございます。

 今日から三年間の中学校生活がスタートします。

この三年間は背伸びの時期です。ルールを守り、ルールに守られる子どもから、自分で善悪を判断し、さらに良いルールを作っていける大人への背伸びです。決まりになくても、必要と思えばやってみる。誰もやらなくても、自分に出来る事はやってみる。こうした背伸びが人の成長には必要です。

 皆さんは今、大人への階段の一段目にいます。上を向いて堂々と階段を登り、人の役に立つ、そして社会の役に立つ大人へと成長していって下さい。子どもの気持ちは持ったままで構いません。子どもから大人になるのではなく、子どもの純粋さを持ったまま大人になっていって下さい。

 変化なくして成長はありません。小学校から中学校への環境の変化は、考え方の変化、行動の変化、心の変化につながり、あなた自身を成長させます。お父様、お母様、そして大治中学校の先生方の愛情に包まれ、皆さんが安心して背伸びの三年間を過ごされることを願い、お祝いの言葉とさせて頂きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクールの看板④

新居・新塾舎に引っ越して5か月が経った。
そろそろメジャーデビューをしようと思う。
電柱看板5か所、野建て看板1か所、塾外壁看板の設置。

せっかくだものみんなに知ってもらおう。
大治で14年やってきた。僕自身の塾教師キャリアは22年になる。人生の半分が塾教師。
全然まだまだだけど、全然ひよっこだけど。

塾なんてものは塾生のもの、僕のものではない。だからこそ建物の外壁にはやっぱり看板をつけたかった。これで完成。引っ越しの本当の完結になる。

今、外壁看板取り付け中です。
1522042698208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクールの看板③

4個目の看板
S_kimg1734
2017年。引っ越すにあたって看板をどうするか。これはなかなか大事なことだった。
大事なことだからどうしよう、お金をかけるか手間をかけるか。
やっぱ自分で作ったほうが面白いでしょってことで、狭いベランダで看板製作。
新しい塾の外壁は本物の気を使っている。燃えない加工をしてある特殊なやつ。
廃材入れに投げ込まれているその切れ端をたくさんもらってきて、それでつくった。

『MOTTAINAI』

ケチと言えばケチ。でも、もったいないじゃん。

でできたのがこれ。
S_kimg2103

けっこう色んな立て看板を調べて、図面なんかも書いて、そのうえでつくっている。
これはっきり言って自信作。

『何事も見えない努力が大事』

キャプテンで谷口君から学んだかっこいい生き方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクールの看板②

3個目の看板
S_p9270001
塾の前の通りに対して垂直な向きの看板が欲しいってなった。
塾の場所を説明するとき「近くまで来たら看板が見えますんで」って言いたかった。

一番安い電柱看板という選択。まあそうなるよね。
対象学年だとか個別指導だとかそういう文面はいらなかった。
いやあったほうがよかったのかもしれないが、その時の自分は「四畳半スクール」という文字がここ大治町の電柱に張り付いているだけでおなかいっぱいだった。
初めての自作ではない看板。開塾9年目のこと。

『電信柱にひっかけた夢』

この頃この曲をよく聴いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクールの看板①

四畳半スクール、最初の看板
S_dsc00695
ホームセンターでペンキと刷毛を買ってきて、家にたまたまあった板に四畳半スクールと書いた。
どこにつけようってなって、ここで良いじゃんってことで物干しざおにぶら下げた。
看板なんてそれで充分。
板の右端にスペースができちゃってるのも、下書きなんてしてません感が出ていて良しとする。
あっ電話番号もあったほうがいいかなって後から付け足した。

このころからあった四畳半スクール(僕)の様々なものにおける判断基準がある。

『おもしろいか、かっこいいか』

このどちらかであればOK。


2個目の看板
20091105_556546
よく窓に貼ってある看板あるよねってことでちょっと調べたら結構高くてまじかってなった。
ちょっと考えて、そんじゃあ自分でつくろうってなった。
パソコンからプリントアウトできる透明のシール用紙を買ってきてプリントアウト。
それを窓に貼った。
しかしそれで終わらないのが素人仕事。数か月もすると雨風で色が剥げてきた。
とってもみすぼらしい感じになってしまったので、これはいかんと思い、黒ペンキでかすかに残る文字をなぞって手書きした。

『何事も維持していくためには改善改良が必要』

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«四畳半スクール 入塾理由