黒い手袋

大震災のとき、津波のあと、人間にとって一番必要なのは人間だと感じた


人間の中の何が必要なんだろう

その必要なものを与えられる、少しでも与えられる塾でありたい


子どもの頃の出来事っていうのはその後の人生に大きく影響を与える

大人はみんな知っていること

ストレスが優しさをつくり
癒しが強さをつくることもある

内的や外的や、北風や太陽や

色んな刺激が必要なんだと思う


最近気になる言葉
『牧歌的』ってなんだろう

四畳半はそんな塾なのかもしれない

そういう場所があってもいいのかもしれない


| | コメント (0)

映像授業はじめました

塾はやっぱり一斉授業!

目的を同じにする子ども同士刺激を受けながら、熟練教師の授業を受ける。
クラスの盛り上がり、真剣な空気、和らいだ空気、様々な波を授業の中で感じながら勉強していく。

塾はやっぱり個別指導!

学校とは違う個別形態で、わからない所をわかるまで指導してもらう。
なんでも話せる教師、何でも話せる場、その中で勉強に対するモチベーションも自然と高まっていく。

塾はやっぱり映像授業!

自分のペースで問題を解き、わからない所は映像授業でしっかり学習。
再生スピードも遅めにしたり早めにしたりできて、自分のリズムで主体的に勉強をすすめていく。


よし、じゃあうちは全部やろう!

塾業界に入って23年が経ちました。
出来るだけ色々な方法で、子供の成長を促したい。ただそれだけです。
今更指導法に振り回されてどうのこうのということはありません。
こうじゃないといけないという程の驕りもないつもりです。

色んな方法で子どもの成長を促せる、多彩で柔軟なそんな塾でありたいです。

そして、心はいつも子どもからはなれないように。
Img_20190410_164110_1

四畳半スクール

| | コメント (1)

演習ゼミがバージョンアップします

さあ、今日から新しい演習ゼミ。

Img_20190410_164110

| | コメント (0)

平成の次は?

平成の次はなんだろう?

まあそうですね。

10個も書いとけば1個くらいあたるっしょ。

(そりゃあたっても1個ですが。)

1光至

2恒祥

3永至

4永祥

5恒寛

6光啓

7永安

8光徳

9光祥

10永明

 

| | コメント (0)

イチロー。

イチロー
同い年
とうとう引退
一時的な成果ではなく継続的な成果にこそ価値がある
80%の力で勝負出来るようでなければならない
自分の言葉を使うこと
自分の中に価値観を持つこと
美しくあるということ
マンパワーの上にチームワークがあるということ
を教えてくれた。
イチローと語ることは叶わないが
イチローを語ることはできる。
イチローと呑むことは無理だろうけど
イチローで呑むことはできる。
イチローを語りイチローで盛り上がって呑みたいな。
誰か、いかがですか?

| | コメント (0)

四畳半スクール 春期講習

四畳半スクール、春期講習生募集中です!
HPリンクはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプーンを見て

何が良くて何が悪いか、
どんどんわからなくなってきている。

どんどんそうなってきている。

見方によって基準は変わる。
人によって価値観は変わる。

良いとはどういうことか、正解はないのか。

正解はあると思う。

それは機能性。

機能的であること、要は使った時の具合がいいこと。
うまく機能し無駄がなく最大の成果がでる。
別に最短距離、最短時間の話ではない。

いい具合にできている、考えられている、問題を起こしにくい。

そういったことである。機能性が高いということが良いことなんだと思う。

好きとか嫌いには理由はなくていい。
だけど良い悪いにはちゃんとした理由がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演習ゼミ誕生!

個別指導をしていると、

もっと色々な問題を解いてほしい
受講科目以外でも、この時期にどうしてもこのことだけは伝えておきたい


といった気持ちが生まれることが多々あります。


子どもたちにおいても、

あっという間に時間が過ぎてしまう
もっと長い間勉強したい

といった子も多くいます。


そんな状況を改善したいと思い「演習ゼミ」をつくりました。


詳細はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四畳半スクール 生徒募集中です!

春のチラシが完成した。
今年も子どもたちがたくさんコメントを寄せてくれた。

僕の言葉なんかよりも何倍も重みがある。

2019

↓その裏面の僕の言葉

塾とは自分から通いたいと思って通うものであるべきです。

そんな塾ってどんな塾だろうと問い続けてきました。
このチラシ表面の塾生たちのコメントを見て思います。
その答えはひとりひとりの子どもの中にあると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アタリとアワセ

教えるということは難しいね

教えすぎてもいけないし、教えなさ過ぎてもいけないし

教えるということは目的じゃないね

その子が出来るようにしてあげることが目的だね

その目的のために手段を考えないといけないね

人は誰でもおんなじ

知りたいことを知りたい

とはいえみんなが向上心、好奇心にあふれやる気があるわけじゃない

誰だってそんな時もあればそうじゃない時もある

そうじゃない時でもやる気を出させてあげるのがぼくらの仕事でもある

やる気を出させる方法はいろいろある

場面、タイミング、人によっていろいろあると思う

でも方法というのは、結果選ぶものであって、まず第一に必要なのはこちらのやる気・本気・根気だろうな


教えるということを考えると必ず浮かぶイメージがある

それは釣りのイメージ

ゆっくりとした気持ちで待つ
ちょっとしたアクション感じる
まだ引かない
更にアタリを感じる
相手の欲求をよく感じながらここぞのタイミングでアワセる
その後は糸を緩めることなく引く
緩んだ糸では相手に力は伝わらない
とはいえ強引に引っ張れば切れてしまう
程よい緊張が必要である
相手にあわせてエサもハリも考える

欲しい時に欲しいものを
知りたいときに知りたいことを

アタリとアワセのタイミング

似ているなと思う


釣りはほとんどやらないけれど


Uki004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト対策勉強会

Img_20181126_114832a
ここに引っ越して1年が経った。

テスト対策。
机を並べみんなで静かに勉強している。

僕の中の基準は開塾後半年間塾生0人の日々。
3月の終わりにひとり入ってくれた。2たり目が来てくれた。10人になった。

初心振り返るべからず
いつも初心と共にいる

子どもがしたくもない勉強をしに来てくれる。
親御様が数ある塾の中から四畳半スクールを選んで頂いている。

今日もありがとうの気持ちを込めて玄関の靴を揃える。

Img_20181126_114731a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろくなもんじゃねえ

教育論を語るな

自分に言い聞かせる

答えなどはなからそこにある

もっと爽快に、もっと明快に生きたい

理屈も結果も後からついてくる


それが職人の生き方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年間の朝礼を振り返る 2

仕事の仕方にはいろいろなレベルがある。
それは勉強の仕方も同じ。

『言われなくても進んでやる仕事をいくつか持ちましょう』

朝礼の一節。
言われたことを言われたとおりにする。大事なこと。それが出来た上でどうするか。そこで差がつく。

言われたとおりに実行することが精一杯ならそれはそれでOK。しかし、それがもし8割の力で出来るのなら、残り2割でその他必要と思うことをする。そこに仕事、勉強の楽しさが生まれる。

観察力が源にある。
よく見ている人は、よく気付く人になれる。
よく気付ける人はよく愛される人になれる。
よく愛される人は、よく仕事を頼まれる人になれる。
そうやって自分の可能性、役割を広げていき、欠かせない人間に育っていく。

そしてもう一節。

『決まりになくても必要と思えばやりましょう』

決まりにないことだが必要だと自分ではなんとなく思っている。で、それをやるか、やらないか。例えばテスト直しが宿題だとして、直して終わりか、まちがえた漢字を5回ずつ書いてみるとか、なぜ間違えたかを書き留めておくとか。似た問題をテキストから探して解いてみるとか。
成績の良い人ほど、どうしたら成績が上がるかをよく考えている、そして実行している。成績が良くない人ほど近道ばかり、楽な道ばかり探している。

本来何かを身につけ自分のものにしようと思うなら、あえて遠回りするくらいの気持ちが必要である。
仕事にしろ勉強にしろ薄っぺらいやり方得たものはすぐにはがれて何も積み重ねることはできない。
池上さんも言っている。
「すぐに役立つ知識はすぐに役立たなくなる」

最後にもうひとつ。
仕事も勉強も上司の顔色、先生の顔色ばかりうかがっていては発展していかない。ルールや上下関係にとらわれず、自分の中から生まれたことを自分の責任においてする、それを“自由”という。自由は自分の中に理由があるということだと僕は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年間の朝礼を振り返る

大学を卒業し、塾業界に就職した。
その会社勤めの10年間、毎日朝礼で読み上げた。

その中の一節。

『終わりを鮮明にする努力が根気を作ります』

若いころはいまいち意味がピンとこなかった。

終わりを鮮明にって何だろう?
根気を作る?

でも、徐々に自分なりに意味が分かってきたと思う。

「終わりを鮮明に」
だいたいこのへんで良いだろう。8割できていれば合格じゃね。ではいけない。やるべきこと、やると決めたことはきっちり最後までやりきる。甘えは禁物。

「根気を作る」
根気のある人ない人という言い方をしてはいけない。根気はつくっていくもの。やるべきことを、だいたいこんなもんかではなく、始めから終わりまできっちりやりきることで、その経験が自分の中で自信となり根気が生まれていく。達成感→自信→根気とつながり、その根気は勉強なり運動なりの能力を積み上げていくうえで不可欠なエンジンとなる。


『終わりを鮮明にする努力が根気を作ります』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塾で自習

「家だと集中できないから」

塾に自習に来る生徒は皆そう言う。

まあそうだわなぁ、くらいに聞いていたけどこれってよく考えたらスゴイことかも。

そこには、
①弱い自分に打ち勝とうという自分がいる
 家だとだらけてしまう、でもだらけてられない、やんなきゃ!って気持ちがあり、それが弱い自分に勝っている。スゴイじゃん!
②集中して勉強できる塾がある
 四畳半スクールは正直そんなに緊張感のある塾ではないと思っているが、いざ自習するとなるときっちり集中できる環境ってなかなかイイんじゃない!
授業の前に早めに来て自習する生徒、授業後残って自習していく生徒、授業がないのに来て自習する生徒、色々いる。家が近い子、車で片道30分の子、色々いる。

みんなエライな。

程よい緊張感は、程よいリラックスの中にある、

僕はそう信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業秘密

子ども達
みんな人知れず、いろいろなものを抱えている


親子の問題
先生との問題
友達との問題
成績の問題
進路の問題
恋愛の問題
身体の問題


問題だらけかもしれない



そして四畳半スクールは子ども達とどう接するか

んー、これは、

企業秘密ですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き届く

「行き届く」とは、
広範囲にわたることではなく
小さなことを確実に積み上げることだと
今わかった
1534655652353_2
目の前の小さな汚れをきれいにすること
やるべきことを後回しにせず今やること

それが「行き届く」ということなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界 知識 経験

中学生

これからどんな道を通るだろう
これからどんな事を知るだろう
そのとき何かを感じて衝動が生まれるには、知識というベースがいる
それは、
語彙力や、いろんな国の歴史や地理や、論理的に考える力や、雨が降る理由や、してそれまでの経験など

人生を動かすのは誰かではない
人生を動かすのは自分の中の衝動だ
それは、蓄積された経験と知識という火薬が、点火されることだ

シラナケレバシラナイママ
人生は通りすぎていく
山もない谷もない川も海もない
同じ景色でも人によって見え方は違う

世界は自分がつくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座面修復

ずっと気になっていたこと。
むかーし、白い座面を染めてみたくて茶色にしたが、それがまた色落ちしてきて汚くなっていた。それをどうにかしたいような、まあそのままでいいような、でもちょっと気になるような。

それを今、修復した。

座面を外し、布を打ち付け、元に戻す。

やってみればたいしたことではなかった。
1531890385227



やってみればたいしたことではないことは、結構あると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもは自然

『子どもは自然』

何年か前に読んだ本にあったこの言葉が

ずっと頭の端に引っ掛かっている

凄い言葉だなと思った

子どもが自然とはどういうことなのか

何となくはわかる

それを自分の言葉で解釈できないものか

自然とは、

たとえば森

大人の都合で伐採しすぎてはならない

たとえば花

その笑顔はすべての大人を癒す

たとえば川

ひとたび氾濫すれば大人でも手に負えない

大人は人類ということ 

子どもは人工物ではない

実は子どもとは、

大人から独立した存在であるということ
大人の手の及ばない所にいるということ

ここが肝心なのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«パス